KEEP

経営理念:人類の健康増進に寄与する

経営ビジョン:バイオテクノロジーを利用して、資源・環境問題を解決し産業を発展させる

私達人間は、既に現代物理学のクオンタム(量子)時代で生きています。
私達が開発したクオンタム(量子)パワーを発散させる超微小生物素材と素材の融合。
グリーンエネルギー建築、バイオ、製薬、セラミック、半導体等源泉技術が全世界の未来の量子産業を先導して人類の健康増進に寄与することを確信しています。
私達は、長い研究と努力の末、世界最高数値の遠赤外線数値とマイナスイオン数値を出す世界最高数値の鉱石が日本に存在する事が分かりました。
その鉱石は放射能は出ておらず人体にも無害の鉱石です。
その鉱石からはテラヘルツ波が出ています。日本は世界有数の活火山国です。
世界でも有数の活火山断層があり、地層が凝縮された地層を持っています。

その中でも、約 6,500 万年前の地殻変動に伴う高温熱水作用によって形作られたといわれています。 

鉱物系超微小生物は、自然界の高エネルギーを一点に凝縮した天然鉱物KEEP石の中に含まれており、

今まで知られていた鉱石には考えられないほど強力なマイナスイオンと遠赤外線を発生するのが特徴です。        

1次的に85度の熱で20時間延焼させパウダー状にしたものを、熟成庫の中の別途容器でH2O 25%と発酵用酵素5%とを一緒に一定期間熟成させ、1,000度以上の高温ででも死滅せずに活性化天然条件でクォンタムパワー(近代量子物理学量子物理学が発見した量子波は)、肉体に直接作用する従来の電磁波(光、テラヘルツ波)や磁気波や電子波と異なり、人体を全体から包み込んでいる生命場(量子体)を共振して活性化させます。
クォンタムパワー(近代量子物理学量子物理学が発見した量子波)発散させる鉱石系超微小生物新素材を開発したしました。

私達は、燃焼、熟成、発酵過程により、重くて冷たい鉱石を綿より軽く暖かく変化させる超微小生物の源泉技術を開発し、天然鉱石の機能性無機物を活かして繊維の原料と均一に分散融合する事に成功しました。


クォンタムパワー(近代量子物理学量子物理学が発見した量子波)パウダー素材と融合繊維は、超微小生物のエネルギー作用により空気中の量子を集めて天然の量子エネルギーを発散させ新環境、難燃、発熱、冷感、抗菌、脱臭効果の高機能が半永久的に維持する高機能です。

私達は、今までの素材と共生した上で、従来の素材の改善とさらなる性能向上を目指して、昨日まで不可能を可能にして提供いたします。

地球の人口は増え続けています。資源環境問題は深刻です。資源を消費するスピードも上がり続けています。 

人類は、資源の問題に真摯に向き合っていかなければなりません。

天然鉱物系機能性無機物を活かして新素材をつくっています。  

チーム紹介



ウィリアム

ハリス




パトリシア

ワトソン