繊維

世界初、樹脂原料と鉱物系超微小性物

 抗菌特殊繊維クール&ヒート

KEEP素材は、
一般の樹脂原料と融合させることによって繊維を作ることができPETよびナイロンなどいろいろな材質の糸に加工できます。

他社メーカーは、

密封された空気により常にドライのままであり、水分がとられ乾燥肌になりやすいと思われる。体は常に水分が取られる為、風邪をひきやすくなる可能性がある。女性や体格の細い人は水分が出にくいため効果が少なくなる。ある程度洗濯すると効果がい低くなる為、毎年購入する傾向がある。メーカーによると、コットンや他の断熱素材と比べ、乾燥スピードはそれぞれ20%、50%速いU社とT社の共同開発で作られ、同じようにこの種類の繊維によって作られている。しかしながら、これらの繊維自体は発熱性がなく、断熱効果のみである以上、温かさを保つという点においては限界がある。


世界初新素材、抗菌特殊繊維クール&ヒート

超微小生命体と結合したセラミックパウダーの特性

セラミックパウダーの製造

熱赤外線を放射する天然素材を収集、分析した結果、優れた特性がみられた。図1は素材の熱赤外線の放射特性を表している。40 ℃において 5 μm~20 μm の波長の放射率は、 0.927 で、3.74 x 102 W/m2·μm という強い放射強度を持っている。左図は波長帯による放射率を表し、右図は波長帯による放射強度の値を示している。

320 メッシュの粒度に粉砕後、あらゆる有機成分と中和 cold propertiesを取り除くため、 820℃の温度で 20 時間焼却される。熱処理の終わりに、パウダーは常温で 90 日間発酵される。

一般的な微生物は高温状態(125℃)で一定時間を経過すると死滅します。しかし鉱物系超微小生物は、1,000℃の高温で1時間が経過した後も生存が確認されており、あらゆる条件化で変性せず、生きた状態を保ちます。

鉱物系物質KEEPの活用方法は、種々提案されておりますが、一例を挙げると、高耐熱性の特長を活かし、一般的な樹脂素材(ナイロン、ポリエステル等)と混ぜ合わせることによって繊維を作ることができます。この繊維は、人間の体温に近い36.5度の温度を維持しようとするため、発熱性を有する高機能繊維となります。

従来の皆様が知っている暖かい下着とは根本原理が異なる事から、べたつき感、臭いが、蒸れる、静電気、ごわごわ感等がなくなります。KEEPには、防臭、発汗、UVカット、温度機能調整が暑い時、寒い時にもでき、体温を平熱に維持しょうとする働きがあるためです。また洗濯した場合には、他社の商品は、10回程度の洗濯で効果が激減しますが、KEEPは、100回以上洗濯しても効果は変わりません。